「Piano Stories Best '88-08」久石譲

投稿者: としぼん 投稿日時:2008/05/12
カテゴリー:【ヒーリング・ニューエイジ】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆☆

 言わずと知れた現代音楽の作曲家・久石譲のベスト盤。Piano Storiesシリーズから選ばれ、生まれかわった楽曲の魅力満載の1枚。

 久石譲と言えば名前を知らない人でも、彼の作品は絶対聴いたことがあると思います。金曜ロードショーのテーマ曲、お茶の伊右衛門、風の谷のナウシカをはじめとするスタジオジブリ長編作品の音楽、北野武監督の映画音楽などが彼の作品です。
 あまりにもメジャーなものが並びすぎて驚きですが、彼が25年以上にも渡り現代音楽の一線で活躍し続けているのには、理由がありそうです。


 まず、彼の音楽が日本人好みだというのがあります。彼の作風はメロディーよりも短いモチーフと呼ばれる音の塊が何度も登場するミニマル・ミュージックと呼ばれるものです。そのモチーフの中に彼独特の音の癖が盛り込まれていて、その癖というのが日本人の心をくすぐっているのです。だから、彼の作品はなんとなく彼の作品だと分かるのです。

 次に、タイアップの多さとそのタイアップの期待を裏切らないという地道な活動です。スタジオジブリが世界に羽ばたいたのは、彼の作品が映画の世界を盛り上げていたからです。どの映画にもこれ以外にありえないと思える音楽を提供している。これはクライアントの意図を的確に読み、それを表現する彼の才能のなせる技です。

 久石譲の作品は、本当に耳になじんで落ち着きます。悪く言えば毒がないのですが、毒だらけのストレス社会で、音楽には癒されたいと思うのは私だけでしょうか。


Piano Stories Best ’88-08 / 久石譲

01.The Wind of Life
02.Ikaros -2008 Remix- 「東ハト・キャラメルコーン」
03.HANA-BI 「HANA-BI」
04. Fantasia (for NAUSICAAE) 「風の谷のナウシカ」
05.Oriental Wind -2008 Remix- 「福寿園 伊右衛門」
06.Innocent 「天空の城ラピュタ」
07.Angel Springs
08.il porco rosso 「紅の豚」
09.The Wind Forest 「となりのトトロ」
10.Cinema Nostalgia 「金曜ロードショー」
11.Kids Return 「キッズ・リターン」
12.A Summer’s Day
13.人生のメリーゴーランド 「ハウルの動く城」

[スポンサーサイト]

「Piano Stories Best '88-08」久石譲の関連商品

トラックバック

「Piano Stories Best '88-08」久石譲
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/225
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活