「逢えない夜を越えて」千綿ヒデノリ

投稿者: としぼん 投稿日時:2008/03/17
カテゴリー:【J−POP】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆☆☆

 アルバム「rule」に収録されている「逢えない夜を越えて」は、名曲です!

 僕がこの楽曲を知ったのは、映画「夜のピクニック」を見たときです。主人公達が走り出す終盤のシーンで、この楽曲の素敵なイントロが流れてきました。
 
 ガットギターのアルペジオから始まり、マンドリンとヴァイオリンの音色が幻想的な音世界を生み出しています。カホンのリズムは高鳴る鼓動のように感じられ、映画の主人公の胸の響きとシンクロしているようでした。


 この楽曲は、夜のピクニックのために書き下ろされたというわけではありません。しかし、偶然の一致なのか、この映画と楽曲の世界観は強く結びつきがあるのです。

 それは、ま逆の2人が惹かれあうという世界観です。映画では、主人公の2人はある事情で、コインの表と裏のような関係性を築いています。この楽曲でも、光と陰、過去と未来、嘘と真実、というように対立構造の2人が描かれています。「逢えない夜を越えて」とは、その対立構造を飛び越えて近づくことを示しているのではないでしょうか。

 
 楽曲単体でも、本当に素晴らしい楽曲です。千綿さんの切ない歌声も胸に響きますし、アレンジも最高です。ただ、この映画とはあまりにも合いすぎているので、出来れば映画も見て、この楽曲を味わってほしいなと思うのです。

 ちなみに「逢えない夜を越えて」が収録されているアルバム「rule」は、捨て曲なしの名盤だと思います。

[スポンサーサイト]

「逢えない夜を越えて」千綿ヒデノリの関連商品

トラックバック

「逢えない夜を越えて」千綿ヒデノリ
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/207
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活