「風になって」オトナモード

投稿者: としぼん 投稿日時:2008/03/01
カテゴリー:【J−POP】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆☆

 春の陽気を誘いこむような、さわやかな楽曲です。

 関西AM各局のマンスリーA-Music(おすすめ楽曲)に選ばれていたので、関西在住の方は知らず知らずのうちに聴いていたかもしれません。

 冬が終わって、春が訪れる頃、こういうアップテンポで気持ちが伸びやかになる楽曲がでてきます。過去には、Hysteric Blue「春〜spring」、HY「AM11:00」などがありました。ただ、ここ数年はさくらソング(森山直太朗、ケツメイシ、いきものがかり、コブクロetc…)と言われるよな、わりとメランコリックな楽曲がヒットしています。日本の情緒に合わせた楽曲は、それでいて良いのですが、私個人としては少し消化不良といいますか、惜別やさくらをイメージした儚さを主体とした楽曲が多すぎて、飽き飽きしていたのも事実です。もう少し駆け足で、新しい季節を始められるような楽曲を心のどこかで求めていたと思います。そこで出会ったのがオトナモードの「風になって」でした。

 オトナモードは男性5人バンドで下北沢を中心で活躍していたそうです。そして2008年2月にこの「風になって」でデビューしました。
 「風になって」は、女の子をのせて自転車で駆け出していく男の子の心情を歌っています。惜別の多いさくらソングが流行っていた中で、このベタなシチュエーションはズルいです。もちろんいい意味ですけど。ここまでストレートに書かれても、さわやかな音に乗せられると、恥ずかしくなくなるのが不思議。
 でも、とにかく一度聴いてみてください。明るい気持ちで春を迎えられると思いますよ。

[スポンサーサイト]

「風になって」オトナモードの関連商品

トラックバック

「風になって」オトナモード
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/200
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活