「突然」the FIELD OF VIEW

投稿者: としぼん 投稿日時:2007/07/09
カテゴリー:【J−POP】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆

1995年夏。当時、楽曲が起用されればヒットすると言われていたポカリスエットのCM曲に抜擢されたのは、男性四人組のFIELD OF VIEW(2001年にthe FIELD OF VIEWと改称/2002年解散)だった。

彼らは、94年にviewとしてデビューしたがヒットに恵まれず、翌年黒のスーツがトレードマークのFIELD OF VIEWとして再デビューすることとなる。再デビュー後の1stシングル「君がいたから」はドラマ主題歌に起用されブレイクを果たし、その勢いのまま発表されたのが、本作「突然」である。なお、両方の楽曲は、作詞・坂井泉水、作曲・織田哲郎のゴールデンコンビによるものである。

どこまでも続く乾いた大地を思い起こさせるベースラインの上に安定したギターの小刻みなリズムが刻まれ、その音はその大地に吹く風のようでもあり、そこを歩く旅人の足音のようでもある。特にギターのフレーズ秀逸で、サビの前は突然巻き上がる風の音、サビでは一転して、雨が乾いた大地に降り注ぐような音に聞こえる。

インパクトのあるサビの音の上がり方や、聞いていて心地の良い音の運びは、織田哲郎の熟練の職人気質を感じるし、坂井泉水の実直で分かりやすい歌詞、とくに再び出会った恋人の大切さを旅人の姿と重ね合わせるあたりは、さすがとしか言いようがない。「突然」というタイトルと本作の核である「君を心から大切にしたい」というテーマを結ぶのはなかなかできるものではない。そして、その実直な思いを浅岡雄也の真っすぐな歌声で表現されたら、「ハイ!聞かせていただきます!」とい感じになってしまう。

また、この楽曲が持つ「雨が大地に浸みわたる」という風景は、ポカリスエットのイメージと見事にハマっており、商業的にも成功した楽曲と言える。しかし、ヒットから12年経った今でも色褪せない「突然」は、一時的な使い捨ての音楽としてではないと評価できるはずである。

「突然」は、FIELD OF VIEWの他にも、ZARD(坂井泉水)と織田哲郎によってもカバーされている。ZARDバージョンは、FIELD OF VIEWの編曲を忠実に再現したアレンジとなっており、織田哲郎バージョンは、ボサノヴァのような緩やかな流れを感じさせうアレンジとなっている。

[スポンサーサイト]

「突然」the FIELD OF VIEWの関連商品

トラックバック

「突然」the FIELD OF VIEW
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/163
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活