「下北沢南口」甲斐名都

投稿者: としぼん 投稿日時:2006/11/23
カテゴリー:【J−POP】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆

下北沢の路上で活躍していたシンガーソングライター甲斐名都(かい・なつ)のメジャーデビュー・シングル。そんな彼女はなんと甲斐よしひろ氏の愛娘なんだそうです。でも、そのような情報とは関係なく、純粋に楽曲が良いので紹介します。

 まず、この楽曲は失恋のうたです。付き合っていた頃とは違う今の彼と、再会したときの切なさや寂しさを歌ったものです。その情景と彼女の街である下北沢とを絡めていて、なんとなく下北沢という街を想像することができます。
 
 この楽曲の詞の核心は、「全部同じに見えて すべて変わってしまったんだ」という部分にあります。二人で歩いた街の景色は何も変わっていないのに、二人の心はもう別のものになってしまったということです。きっと彼に色々と言いたいこともあったのに言えなくて寂しい思いをしたり、失恋を経験して落ち込んだりした主人公がそこにいます。だけど、自分の心の中でケジメをつけて、前向きに進んでいこうという強い女の子の部分も見え隠れします。それが最初のサビと最後のサビでの“ポケットの中の右手”の記述の変化で読み取ることができます。とてもわかりやすく、芯の強い楽曲だなと思います。

 失恋のうたのわりに曲調はポップで、スキップをするような印象を受けます。でも逆にそれが、もう吹っ切った主人公の心模様を示しているようで、意外にマッチしています。

[スポンサーサイト]

「下北沢南口」甲斐名都の関連商品

トラックバック

「下北沢南口」甲斐名都
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/122
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活