「ひとりじゃないから」金築卓也

投稿者: としぼん 投稿日時:2006/09/28
カテゴリー:【J−POP】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆

小説『夜のピクニック 』の映画公開にあたりイメージソングとして選ばれた本作は、「朝陽の下で会おうよ 夜を越えて」というフレーズが印象的なミディアムナンバー。小説と同様に、どこか懐かしさを感じさせるアレンジに仕上がっています。

この「ひとりじゃないから」を歌うのは、元BREATH(05年解散)の金築卓也。少ししゃがれた、搾り出すような歌い方が特徴的な彼の声は非常に評価が高く、第一線に戻ることを期待されていました。満を持して、06年8月にソロデビューに至ったわけですが、このデビュー曲は、セールス的には伸びていません。しかし、セールスと楽曲の品質が比例するとは言い切れません。この楽曲に関して言えば、かなり高品質であると言えます。

まず、映画のイメージソングとしての役割を果たしていること。歌詞の内容から「夜のピクニック」を連想するができます。小説を読んだ方であれば、高校生の青春の1ページ、輝ける一瞬をともに過ごした仲間との思い出、将来に対する不安などが入り混じった感情を表している楽曲であることがわかるはずです。そして、表題の「ひとりじゃないから」は、裏返せば「みんながいるから」と捉えることができ、とても貴重な仲間の存在の心強さを表していることもわかるでしょう。また、小説の内容を連想させつつも、それを知らない人にもきちんと意味の通じる歌詞である点は、優れているとも言えます。

そして、アレンジについてですが、徹底的にノスタルジーを感じさせるようにしていると思えます。バンジョー的な響きのアコギ、切ないストリングス、曲を引き締める鈴の音…これらが合わさるとこんなにも懐かしさが溢れてくるので不思議です。秋の空気、夜明けにとても似合う楽曲です。

[スポンサーサイト]

「ひとりじゃないから」金築卓也の関連商品

トラックバック

「ひとりじゃないから」金築卓也
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/106
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活