「ロマンチックモード」SINGER SONGER

投稿者: としぼん 投稿日時:2006/09/08
カテゴリー:【ポップス】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆☆

 01年に活動を休止をし、世間を驚かせたCocco。そんな彼女が、段階的に音楽業界へ復帰する際、結成したバンドがSINGER SONGERである。メンバーは、Cocco(Vocal)、岸田繁(Guitar)、佐藤征史(Bass)、堀江博久(Keyboard)、臺太郎(Drums)の5名。

 SINGER SONGERの前身は、「こっこちゃんとしげるくん」というユニットである。このユニットは、活動休止中のCoccoと「くるり」のメンバーである岸田繁によって結成されており、TOWER RECORDS限定CD「SING A SONG 〜NO MUSIC, NO LOVE LIFE」を発売している。このCDのタイトルを見てみると、バンド名と深いつながりがあるのがお分かりでしょう。シンガソング→シンガーソンガー。しかし、Recordingの時期に岸田氏が体調を崩したことを理由に、バンド名を健康(Health)に由来する「ヘルシーズ」としようとしたらしい。そういうわけで、バンド名にあまり深い意味はないようだ。

 SINGER SONGER結成について、Coccoは「バンドをしてみたかった。」「孤高の歌姫と呼ばれることが嫌だった。」「音楽を武器として使うことに抵抗がでてきた。」と後に語っている。Coccoが示した純粋に音楽を楽しもうという姿勢は、SINGER SONGERにも反映され、かつてのソロ時代とは比べ物にならないくらい明るい楽曲が多く製作されている。最初で最後のアルバム「ばらいろポップ」の中でも、「ロマンチックモード」は一際明るく感じられる。

 「ロマンチックモード」は、言葉遊びを多く用いた歌詞が特徴で、それが音に乗ると不思議に楽しくなってくる。底抜けに明るいギターのリフ、Coccoの澄んだ歌声、技術力の光る伴奏…それらがひとつでも欠けると、このロマンチックな雰囲気は絶対に生まれない。演奏者全員の息が合って初めて、このパワフルなポップチューンが生まれるのである。

[スポンサーサイト]

「ロマンチックモード」SINGER SONGERの関連商品

トラックバック

「ロマンチックモード」SINGER SONGER
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/92
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活