「UF / Ultimate Films」「/05」坂本龍一

投稿者: としぼん 投稿日時:2006/05/29
カテゴリー:【ヒーリング・ニューエイジ】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆

「教授の教授たる由縁」

世界の教授と呼ばれる坂本龍一。彼の映画音楽を集めた「UF」。大ヒット映画「星になった少年」の主題歌「Shining Boy & Little Randy」を含む「/05」。

坂本龍一のマルチな才能には驚かされる。本業の音楽だけに囚われず、世界を股に架ける活躍(例えばap Bankの設立、環境問題への取り組み→彼のCDのパッケージは再生紙利用のものが多い)も行い、その勢いは止まらない。

音楽以外の分野でも「坂本龍一」の名は通っているが、やはり彼の音楽を聴かないと始まらない。私は、彼のCDは5〜6枚程度しか所有していないので偉そうなことは言えないが、5〜6枚だけでも彼の音楽性の広さを伺い知ることができる。彼の音楽は、最新鋭のコンピューターミュージックであることもあるし、普遍性を持ったメロディアスな楽曲であることもあるし、民族音楽を取り入れた独特なものもある。彼の音楽は、多様性を持ち多元的な要素を含んでいるが、どこかで1つ「坂本龍一」という才能で繋がっているように感じる。彼の魅力は、一言では言い表せられない。

彼の映画音楽の集大成となる「UF」は、誰でも一度は聴いたことのある曲が並ぶ。インストに興味がない方も、1度どこかで聴いたことがあれば、すんなり聴くことができるもの。1曲目に通称・戦メリの「Merry Christmas , Mr. Lawrence」が収録されており、彼の代名詞とも言える曲。トリノオリンピックで、安藤美姫選手がこの曲に乗せて、華麗な舞を魅せました。それを思いだして聴いてみるのもいいかもしれません。

「/05」には、映画「星になった少年」の主題歌を収録。静かなピアノの曲ですが、聴き惚れてしまう。

「ロックもいいけど、インストもね」(カレーのCM風に)

UF
【収録曲】
01.Merry Christmas, Mr. Laerence
02.闘い
03.国防総省
04.Rain
05.The Last Emperoe-Theme
06.MAYDAY
07.The Sheltering Sky Theme
08.Loneliness
09.Dying
10.MAIN THEME (HIGH HEELS)
11.Main Theme / End Titles (嵐が丘)
12.THE MIDDLE WAY
13.ACCEPTANCE - END CREDITS
14.Snake Eyes
15.Bathroom
16.Love Is The Devil
17.鉄道員 (piano version)
18.End Theme (御法度)
19.Hotel Room
20.Alexei and the Spring / Ending

[スポンサーサイト]

「UF / Ultimate Films」「/05」坂本龍一の関連商品

トラックバック

「UF / Ultimate Films」「/05」坂本龍一
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/43
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活