「H&A」岩井俊二

投稿者: としぼん 投稿日時:2006/05/27
カテゴリー:【サウンドトラック】 【としぼんのおすすめ】 【おすすめ度:☆☆☆☆☆

「花とアリス」を、ご存知ですか?

 2004年度公開の邦画「花とアリス」のサウンドトラック。映画を知らなくても、魅力たっぷりの、ピアノと弦楽の小品集。

 「花とアリス」とは、チョコレートのキットカットが全面サポートしたショートムーヴィーです。キットカットにDVDがついていて、3種類(それぞれに1話ずつ)が発売されていました。その後、ショートムーヴィーの内容と新規に撮影したものを加えて、劇場公開用「花とアリス」が制作されました。

 監督は岩井俊二!!映像美の巨匠と言われる彼は、「リリィ・シュシュのすべて」「四月物語」「スワロウテイル」「少年たちは花火を横から見たかった」などの有名作品の監督なのです。この作品では、音楽も担当。当初は覆面作曲家でしたが、実は監督自らが曲を書いたとカミングアウト。作曲もしちゃうんだから驚かないわけがない。才能が有り余るとはこのことですね。
 そして、主演は、演技派女優の、鈴木杏と蒼井優。二人が成長していく過程で時間をかけて撮影された「花とアリス」は、自然と二人が成長していくので違和感は全くゼロ。例えば、高校生3年が中学生1年を演じるのは多少なりとも無理があるけれど、主役の二人と映画の主人公がほぼ同じ時に流れで成長しているので、無理がないということです。

肝心の内容はと言うと…
荒井 花(鈴木杏)と有栖川 徹子(蒼井優)は、大親友。二人は、中学も高校も同じで、同じバレエ教室にも通う。中学生のとき、アリスがストーカー(?)した男の子の横にいた宮本 雅志(郭 智博)に花は恋をする。やがて、彼と同じ高校に進学した花は、彼が所属する落語研究部に入部。そして、彼のストーカーを始める。ある日、ちょっと風変わりな宮本くんは、シャッターで頭を打って、記憶喪失!?花は、それを良い事に「先輩!!私と付き合ってたんですよ!?忘れたんですか?」と大胆アプローチ。宮本くんは何がなんだかわからないまま、花に翻弄されていく。ところが、あることをキッカケに宮本くんは花の悪行を知り、花を糾弾…すると花は今までをも上回るとんでもないウソを言い放つ。そのウソから、アリスをまきこんで、話はとんでもない方向へと…。
といった、ジェットコースタームーヴィーなのです。ストーリーは息をつかせぬおもしろさ。そして、至るところに、秘密のメッセージが…。マンガやサブカルチャーのフレーズが至るところに映っていて、1度見ただけじゃわからない。何度も見たくなる映画なのです。

 その映画に合わせて作られた音楽なので、非常にマッチしています。監督が書いたんだから当たり前かもしれないけれど、ここまで音楽と映画がはまることは珍しいと思います。すっきりとした演奏で、メインはピアノと弦楽(おそらく、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ程度の編成)で、たまにパーカションが入る。弦楽の演奏のピッチが非常に正確なので、本当に演奏してるのか、シンセなのか、疑問に思っているのだけど…曲は素敵です。僕は、何かの作業をしているときに、BGMとして流しています。落ち着くし、邪魔にならないしいいですよ。
 映画と一緒に聴くと、楽しさ倍増ですね☆

[スポンサーサイト]

「H&A」岩井俊二の関連商品

トラックバック

「H&A」岩井俊二
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/42
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:本のある生活エクセルのある生活