としぼんのおすすめのおすすめ音楽

音楽のある生活で紹介しているとしぼんのおすすめ音楽のおすすめ音楽一覧です。

「心のリズム飛び散るバタフライ」doa

 徳永暁人、大田紳一郎、吉本大樹からなるロック・バンド*“doa”。そのdoaの8枚目のシングル「心のリズム飛び散るバタフライ」は、素晴らしい旋律の...[続きを読む]

「突然」the FIELD OF VIEW

1995年夏。当時、楽曲が起用されればヒットすると言われていたポカリスエットのCM曲に抜擢されたのは、男性四人組のFIELD OF VIEW(200...[続きを読む]

「うるわしきひと」いきものがかり

「うるわしきひとよ そばにいてほしい」 3月7日発売の1stアルバム「桜咲く街物語」の先行シングルとなった「うるわしきひと」。 軽快なポップソングで...[続きを読む]

「南風」レミオロメン

 レミオロメン・05年発表の5thシングル「南風」。曲の全部を包み込むような明るさと「君を大切にする僕」の情景が重なり合う名曲。春から夏にかけての清...[続きを読む]

「UNSPEAKABLE」Every Little Thing

 「UNSPEKABLE」は、02年発表の「UNTITLED 4 ballads」というシングルに最初に収録された。Every Little Thi...[続きを読む]

「白い雲のように」F-BLOOD

 今日は過去の名曲からF-BLOODの「白い雲のように」を紹介します。この楽曲は猿岩石がユーラシア大陸ヒッチハイクの後リリースされたものである。放浪の...[続きを読む]

「Snowdome」木村カエラ

過去に地方ローカル番組「saku×saku」で、ゆるーいノリを披露していた木村カエラ。そんな彼女ではあるが、音楽にかける思いは並々ならぬようで、過去の...[続きを読む]

「Lovers Again」EXILE

久しぶりに男性ボーカルの歌を紹介します。今回は新生EXILEの「Lovers Again」。ある一組のカップルがよりを戻すか戻さないかというあたりの...[続きを読む]

「omajinai1・2・3」ユハラユキ

僕のアンテナが今年初めて捉えたのは、ユハラユキでした!ユルカワ系とでも言いますか、今年の台風の目になること間違いなし。イチオシです。 ...[続きを読む]

「そばにいるから」つじあやの

 つじベストの冒頭を飾るポップチューン『そばにいるから』。聴いているだけで気持ちが緩んでフワフワしちゃう、そんな1曲。 ...[続きを読む]

「サン電子 iPod専用FMトランスミッター FMIP-301」

iPodを自動車の中でも使用したいと思われている方にお薦めの商品です。僕も使用していますが、値段のわりに納得のいく商品です。...[続きを読む]

「中央線」矢野顕子

星の数ほどの楽曲が世の中にあって、あるときに瞬いても、その瞬きが曇ることなく、ずっと輝き続けることは難しい。いつの世にもその時代の空気と合った楽曲は...[続きを読む]

「下北沢南口」甲斐名都

下北沢の路上で活躍していたシンガーソングライター甲斐名都(かい・なつ)のメジャーデビュー・シングル。そんな彼女はなんと甲斐よしひろ氏の愛娘なんだそう...[続きを読む]

「涙のふるさと」BUMP OF CHICKEN

曲調としては、「プラネタリウム」「ギルド」「車輪の唄」の流れを汲む、メロディアスで表情豊かなミディアム・ナンバー。...[続きを読む]

「恋愛写真」大塚愛

この楽曲のすべては、恋愛における一瞬の煌きを、もっとも単純でもっとも特別な言葉に表されている。「ただ、君を愛してる」と。...[続きを読む]

ページ1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Google
ブックマークに追加する

紹介者プロフィール

Apple Store(Japan)

Apple Store(Japan)

のある生活:本のある生活エクセルのある生活